インド南部に生息するカエルの粘液でインフルエンザ予防の可能性

1pt   2017-04-21 18:00
メディカル速報

1: 【4月19日 AFP】インド南部に生息するカエルの皮膚から分泌される粘液が、人間が特定の種類のインフルエンザウイルスと闘う助けになる可能性があるとの研究論文が18日、発表された。米医学誌イミュニティー(Immunity)に掲載された論文によると、このカエルはアカガエル科の「Hydrophylax bahuvistara」。色鮮やかな体色で、大きさはテニスボールほどだ。


論文の共同執筆者で、米エモリー大学(Emory University)のインフルエンザ専門家のジョシー・ジェイコブ(Joshy Jacob)氏は「カエルは生息地によって異なるアミノ酸化合物(ペプチド)を生成する。人間も自身で宿主防御ペプチドを生成する」と説明する。


「これは、あらゆる生命体が保持している生得的な免疫伝達物質だ。このカエルが生成するペプチドがH1型インフルエンザウイルスに効果があることを、われわれは偶然発見した」研究チームはカエルに弱い電気ショックを与えてH1型インフルエンザウイルスを撃退するとみられるペプチドを含む分泌物を採取。この抗ウイルス性ペプチドを「ウルミン(urumin)」と命名した。論文によると名前の由来は、数百年前にインド南部で使われていたむちのような形の剣にちなんだものだという。


論文は、ウルミンは哺乳類に対する毒性はなく「インフルエンザウイルスを破壊するのみとみられる。これは電子顕微鏡で確認された」としている。研究チームが致死量のH1型インフルエンザウイルスに感染させた実験用マウスの鼻にウルミンを注入したところ、マウスは生き延びた。H1型は2009年の豚インフルエンザ流行を引き起こしたウイルスだ。


ウルミンが人間のインフルエンザの予防的治療に使えるかどうかや、カエルが生成する他のペプチドがデング熱やジカ熱の病原ウイルスに対して有効かどうかなどを確認するためには、さらに研究を重ねる必要がある。

顕微鏡で見たH1N1型インフルエンザウイルス
9b009c2b.jpg


配信 2017年04月19日 09:35 

AFP ニュースサイトを読む
http://www.afpbb.com/articles/-/3125579

引用元: ・【米研究】カエルの粘液でインフルエンザ予防の可能性 [無断転載禁止]©2ch.net

c?ro=1&act=rss&output=no&id=7131571&name
   クールアンテナトップページへ
2chまとめの話題が沢山。

今日の人気エントリー

元カノからいきなり電話がかかってきて、懐かしくなって色々昔話で盛り上がった→電話中彼女が苦しそうな声を出したりしていた→後日彼女が山中で事故を起こし亡くなっていたことを知り・・・
自宅に帰ったら夫の浮気現場に遭遇→カッとなって消火器で殴りかかった→気が付いたら数年が経過していた・・・
大阪民「くらえ!お好み焼き!たこ焼き!!551の蓬莱!!!ドヤ」ワイ神戸の民「はぁ…ポキッポキッ」
母親の命日と自分の誕生日が一緒なので、父がお祝いしようとしても同居している祖母が「何がめでたいんだ!この子がいなきゃ、娘は死ななかった!」と言い放ち・・・
田舎の鉄道沿いのうちの庭に、どかどか10人くらいの撮り鉄男が侵入→BBQセットやテントを張り出し、カメラをセットしだしたwww
エスカレーターの降りるところで女性が立ち止まり「久しぶりー」とかやるもんだから後ろの俺が押し倒す形になり・・・→女性「痴漢!!犯されるー!!」俺「はあ??」
【悲報】介護職の人と婚約したら親に反対された。35の男で低収入、別れるべきなのかな
名前の漢字と読みが一致しない自分の名前が嫌いだった→成人したのを機に改名、母に報告したところ母が狂った。
両親の険悪な離別、子どもの健康に長期の悪影響か - 米研究
「A子から聞いたけど、A男に手料理を振舞ったらしいじゃないか。旦那もいるくせに何してる、訴える。」と何故か関係ない第3者のB子から電話があったw