妊娠7か月の台湾人観光客、来日してすぐに破水 ⇒ 早産で未熟児の特別医療措置にかかった費用600万円

1pt   2017-04-20 09:00
メディカル速報

1:  妊娠7カ月の台湾人観光客の女性(20)が沖縄旅行中の3月30日に、出産が早まり、急きょ南部医療センター・こども医療センター(南風原町)で884グラムの子を出産した。同病院や受け入れ先では中国語での対応ができず、母親とのコミュニケーションが困難で、現在、県内の台湾出身者らがボランティアで通訳している。県内の一部医療機関では多言語への対応や外国人患者に向けての医療サービス環境の構築を進めているが、まだ十分でないのが現状だ。


 夫(23)と3月29日に来沖した女性は、30日午前4時ごろに破水。那覇市の沖縄協同病院に緊急搬送された。赤ちゃんの体重が1500グラム以下と推定されたため、南部で唯一未熟児の特別医療措置が受けられる南部医療センターに再搬送された。女性と家族は現在、離島や北部地域から病児や家族を受け入れる「がじゅまるの家」に宿泊している。


 女性の夫は「赤ちゃんの健康状況や医療費用の支払いなどに非常に悩んでいるが、これまで助けてくれた医者らに感謝したい」とも述べた。がじゅまるの家で活動するNPO法人こども医療支援わらびの会の儀間小夜子理事は「緊急医療などを受けた外国人患者の心のケア態勢がまだできていない」と指摘した。


 赤ちゃんは南部医療センターで特別医療措置を受けており、医療費用は最低でも約600万円かかるという。しかし、出産は海外旅行保険の補償対象外のため、夫婦は医療負担に追われている。県内在住の台湾出身者でつくる「琉球華僑総会」は夫婦に約100万円を寄付する予定で、張本光輝会長は「無事に帰国できるよう支援がほしい」と寄付を呼び掛けた。(以下略、続きはソースでご確認下さい)

4/19(水) 9:49配信 琉球新報
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000009-ryu-oki

引用元: ・【沖縄】医療費600万、言葉通じない 台湾人観光客、早産で窮地 [無断転載禁止]©2ch.net

c?ro=1&act=rss&output=no&id=7131571&name
   クールアンテナトップページへ
2chまとめの話題が沢山。

今日の人気エントリー

目を引く外見のせいでイジメられてたA→高校に入りイケメンへと成長したAだが、相変わらずオタク友達と行動していた→それを快く思わない女子が突拍子も無い行動に出て・・・
同僚嫁が不倫して同僚が壊れた→仕事が終わるとボーッとするので心配になり家まで付いていくと、奥さんと間男の3人で暮らしていることが判明したw
【悲報】妻が詐欺に遭って借金返済の為に人には言えないような所で働いてた
【マジキチ】夜の11時くらいにチャイムが鳴り、元カノの親父さんが現れた→元カノ父「娘を傷物にしやがって!ぶっ殺してやる!」俺「え、ちょ!」→包丁を持ち出されたので部屋にあった木刀で応戦→結果
私「犬の散歩しよ」→母「お散歩いこっか」→私「帰ったし犬の散歩しよ」→兄「よし、散歩行くか」→父「散歩行くぞ」→我が家の犬が毎日50km以上散歩してたwww
戸籍謄本を取ったときに自分が養子だと知り愕然し、父を問い詰めると→父「・・・忘れてた!!」私「 ( ゚д゚ ) 」
帰宅すると嫁と子供達がおらず、『彼女とお幸せに』と置手紙だけ残っていた→浮気した覚えも無いので必死に嫁の行方を探した→結果
子供が走り回ってうるさかったのを年配のおばさんが注意したら、同僚が「人前であんなこと言わなくてもいいのにねwwあ、あんたは子供いないから分かんないかwww」といってきた→結果
女性がニューハーフの人に絡んでいて、段々蹴りを入れたりエスカレートしていったので、方言丸出しで女性に声かけてやった→結果w
彼氏と婚約し式場の予約もしていた→ある日アパートのドアの前に彼氏のセ○レを名乗る女がが座っており・・・→後に3人目もいることが判明w