【芸能】<いしだ壱成>恋愛観は未成年?年下とばかり付き合う男のモロさ・・・正直、気持ち悪さしか覚えない。

3pt   2017-11-20 20:00
まとめ

1: 2017/11/19(日) 19:50:20.71 _USER9 正直、気持ち悪さしか覚えない。

俳優のいしだ壱成さん(42)の交際報道をみて、筆者個人は中年にさしかかろうとする男性の“ノロケっぷり”にドン引きしました。

90年代はイケメン俳優として人気が高かったいしださん。父親はご存知、タレントで俳優の石田純一さん(63)です。

今年8月に、いしださんは2度目の離婚。親子そろってバツ2となったわけですが、その直後から23歳年下の若手女優と交際していることが明らかとなりました。

きっかけは、舞台共演時にいしださんが一目惚れしたことだそうです。年齢差もさることながら、交際が明らかになった後の対応が多くの女性からの「キモい!」というリアクションを呼んでいます。

たとえば40代のいい成人男性がペアリングを見せびらかしたり、離婚を2回も経験しているのに「これが最後の恋です」と言い切ったりと突っ込みどころが満載。しかも相手はまだ働くことや社会をよく知らない19歳の未成年です。

いしださんに限らず世の男性の中には、極端に若い女性ばかりを恋愛対象として考える男性が存在します。その心理には何があるのか。そして実際問題、うまくいくことはあるのでしょうか。

■カップルの主導権が握れる

男側の年齢が女性よりも極端に高い場合、男にはどんなメリットがあるのでしょう。1つは、カップル間のルール決めや経済的主導権がスムーズに取れることです。

女性側に社会経験が少なければ、「これが当たり前だ!」と独自のルールを押し付ける事もたやすくなります。

いしださんの場合は一番目の奥様とも二番目の元奥とも厳しい“亭主関白ルール”を設けていたようですが、こういった理不尽な押し付けもしやすくなります。

現在の彼女との間では亭主関白ルールを撤回しているそうですが、本質的な部分が変わっているかは定かではありません。

そもそも亭主関白になる心理は、自分を尊重してほしいという他人への承認要求の押し付けだったりします。妻に「自分を甲斐甲斐しく扱うためのルール」を設けることで、

いしださんはどんな安心感が得られたのか。この機会にぜひ見つめ直していただきたいものです。

■同性からの羨望の眼差しが集まる

若い女性との恋愛関係を築くと2回の離婚経験がありながらも、意外と周りの身近な男性たちから「すごい!」「やるな!」といった賞賛や羨望の眼差しを向けられることがあります。

いしださんの場合は1番目の奥様とも11歳差でしたし、今回のお付き合いも離婚とほぼ同時にスタートしたもの。モテっぷりを羨ましがる人もいるでしょう。

女性からするとアホくさい話ですが、「男の価値=いい女にいかにモテるか」を価値基準として強く意識している男性は一定数存在します。いしださんのようなタイプは、こういった男性たちからは尊敬すべき存在なのです。

つづく

女性自身 11/19(日) 19:37配信
c?ro=1&act=rss&output=no&id=7796197&name
   クールアンテナトップページへ
2chまとめの話題が沢山。

今日の人気エントリー

母が資産家の継父と結婚→継父の3人の子供にいじめられ家を出ることに→数年後、継父が倒れ実家に戻ると、義兄弟達が「遺産相続を放棄しろ!」と迫ってきた
一人息子が同性愛者であることをカミングアウト→旦那がすんなりその事実を受け入れ驚いていると、その晩布団の中で泣いていた旦那
旦那にDVを受け、妹がガリガリで髪と肌もボロボロになって帰ってきた→5人姉妹で力を合わせ報復してやった結果w
旦那に隠れてパンツとかブラジャーを売ってるのがバレた→ただお金が欲しかっただけなのに、旦那が激怒してやばいんだけど・・・
姉「あんたが私の人生狂わせた!あんたが先に結婚するから焦って変な男に引っかかった!全部あんたのせい!」私「えぇ・・・」
【マジキチ】夫が突然パチンカスDV男になり預金も全て使われた→夫の友人・自称霊媒師が「今の妻と別れて同僚と結婚すればうまくいく!」と吹き込んだらしく夫がそれを鵜呑みに・・・
【悲報】小6娘のラブレターがクシャクシャになって家のポストに入れられてた
【悲報】料理教室の写真を彼氏に送った結果
【マジキチ】息子を出産するとトメが豹変→「この子はウチの跡取り!私が育てる!」と子供を義実家に連れ去った→慌てて義実家に向かうと、「母乳の為の食糧係」として監禁されることに・・・
うちのペットの名前のせいでジャニオタに絡まれた→女「あんたどうせにわかファンでしょ!グッズ寄越しなさい!」私「は?別にファンじゃないけど・・・」女「うるさい!!寄越せ!!」